【訳あり】トレード出来ない辛さは・・・今はガマンの時なのです

苦しい苦しい今の時間

 

トレードが出来ない事がこれほど辛いとは・・・

 

前回の記事のとおり「グローバルウェイ」に減り続ける資金を更に溶かされてしまった私。

そのためトレードが出来ないという最悪の状況に陥っているのです。

 

もう時間がもったいないというか、歯がゆいというか、とにかく資金が無いのでチャートをただただ眺めるばかり。

 

ここでこの銘柄にエントリーしたら・・・

 

なんていうバーチャルトレードを繰り返すなど、指をくわえてローソク足を追っているという悲しい状況なのでした。

 

 

関連記事:「退場」はつらいよ。ルールを守らない代償

ついに「退場」へ・・・       まさにタイトル通り。   やってまいました。   前回の記事であれだけ苦しめられた銘柄「グローバルウェ[…]

 

 

30万円からはじめたデイトレ

 

以前から投稿している記事にある通り、8月5日に資金30万円で「ぷちデイトレーダー」としてスタートを切ったのですが、ご多聞に漏れず資金を減らしては補充するなどサラリーマンを本業としながらせっせせっせと今までデイトレを決行。

 

9月から信用取引をはじめて何度か「追証」も喰らいました。

 

それでも楽しくトレード出来ていたのですが、とうとう動きが止まってしまうことに。

 

原因となった「グローバルウェイ」は、私が決めたルールである「翌日に持ち越さない」という規律を破り、

 

グローバルウェイを1週間くらい持ってみるか

何をトチ狂ったのかこう思ったことが始まり。

 

 

買った当初の値は「1,632円」で100株の買い。

 

 

そして翌日には「2分割」となったことから「816円」を200株所有している状態に。

そして朝の寄付きから何と「ストップ安」気配で始まり結局そのままストップ安の「706円」まで下がり、12/24(金)の時点では半分以下の「347円」という散々なことに。

 

結局損切りもできずに今のいままで持ち続けてこの銘柄だけで「-93,800円」の大損。

 

 

まぁ損切りすれば70,000円ほどの現金は残る訳なので、今の残高と合わせると合計で140,000円ほど。

資金がまったく無くなった訳ではないというものの、思うようなトレードが出来ないのでは退場と同じ。

 

でもこのまま「じりじり」していると全く前に進めないので、100円〜1,000円などの低位株を出来高の多い銘柄を中心にちょこちょこトレードしていく事にします。

 

それこそ1日「+1,500円」とかの利益をコツコツ重ねていくしかありませんね。

 

 

信用取引復活計画

 

本来の私の目標は12月には100万円に利益を増しているはずだったのですが、とんでもないマイナス。

 

なので今の現実的な目標としてはコツコツトレードで「信用取引」が復活できる30万円を目指すこと。

計算すると資金の約1%程度の利益を積み重ねるのと私の月のお小遣いから10,000円を足すなどすると、ちょうど3月中には30万円を越す事になります。

 

当面はこのようなコツコツトレードで「信用取引復活」計画を実行するぞ!

 

 

 

 

おすすめ映画「浅草キッド」

 

画像引用元: BEANS hpより https://www.beams.co.jp/news/2804/

 

そんな訳でトレードが出来ない間は「Netflixで映画でも観る日々。

 

Netflixといえば今話題なのが「イカゲーム」ですが、なかでも私が超オススメするのが「浅草キッド」

 

 

内容はというと「ビートたけし」、そして師匠である「深見千三郎」の半生を描いた実話(ビートたけしの同題名の小説)を元に作られた作品です。

 

監督は「劇団ひとり」

 

まぁとにかく「終わって欲しくない」を思えるほとエンターテインメント性の高い良作です。

 

年末年始の時間が結構ある期間には映画も良いと思いますので是非見てみては?

 

ひと月900円で映画見放題とは良いですよ!

 

動画引用元:『浅草キッド』予告編 – Netflix

最新情報をチェックしよう!
ServiceVersion=20070822&Operation=GetScript&ID=OneJS&WS=1&MarketPlace=JP">