初心者必見【株式投資】突然 ”勝てる” ようになった訳は?そのコツ手法とは?

なぜ急に「勝てる」ようになった?

 

 

今回の記事はタイトルのとおり。

 

なぜか急に勝てるようになった私の行動と過去の反省などをおっ広げます。

 

かく言うわたしも「デイトレード」を始めてからまだ8ヶ月という初心者です。

しかも「サラリーマン」を本業としながらですので資金面・時間などとても制限が多い中、どのようにして利益を改善出来たのか?

 

 

hanamichi
私とおなじ初心者の方でも「これを守れば勝ちに近づくという気持ちの持ち方、トレードとの向き合い方を中心に「実例」を合わせてご紹介します。

 

 

 

前回の記事でも取り上げた通り「3月は絶好調」の月でした。

 

 結果は +138,850円

 

2021年8月5日からのデイトレデビュー以来、全然プラスで締められなかったので今回が単月プラスで締められた初の月です。

 

 

 

hanamichi
1ヶ月で13万じゃまだまだかもしれないけど私にとっては大きな進歩です

 

 

 

ヘタクソトレードで資金を溶かし、一時は「94,219円」まで落ち込みました。さすがに10万を切った時は「これはヤバイ!」と焦りましたね。。。

 

そこから踏ん張りに踏ん張り、何とか信用取引を復活できるラインを目指せるところまで盛り返しました!

 

 

 

 

 

 

以下がわたしの最低ラインからの資金推移です

 

 

資金挽回までの推移

 

月/日    収支

2/24 -7,188円 94,219円
2/25   ±0 96,051円
2/28 +1,100円 97,568円
3/1  +7,300円  104,780円
3/2    +100円  103,457円
3/3    +693円    99,104円
3/4    ±0     92,804円
3/7  -18,000円  146,844円
3/8  +6,410円  148,434円
3/9   +21,140円  175,514円
3/10  +18,800円  193,926円
3/11  -34,800円    159,526円
3/14  +10,012円  169,538円
3/15 -20,000  149,538円
3/16   ±0     169,538円
3/17  +1,00円  200,538円
3/18 +56,000円  206,538円
3/22 +15,200円  221,738円
3/23  +100円   240,338円
3/24  +25,500円  247,338円
3/25  +12,200円  259,538円
3/28  +14,600円  274,138円
3/29  +22,000円  296,538円
3/30 -1,200円    277,238円
3/31  +500円   270,738円
3月末の資金残高  270,738円

*上記の損益との差引きに差異があるのは「持ち越し」による含み損と「STREAM」で実施している「株ロト」で頂いた1株(わたしが貰った銘柄は楽天)の値動きによるものや売却益が含まれているものです。

 

 

自分で言うのもなんですが2/24時点で「94,215円」まで減らしてしまった貴重な資金を「24日間」でよくここまで挽回したものです。

 

 

素直にうれしく、この進歩を褒めてやりたいです。

 

でもなぜ急に勝てるようになったの?

 

hanamichi
それなんです。
なんで順調に勝ちが続く様になったのか?
なぜそう出来たのか?

 

hanamichi
私なりにトレードや行動を振り返ってみました。

 

 

 

 

関連記事:絶好調だった3月最終週の損益は?

新年度を迎えての「5つの決意」   今週からはいよいよ4月を迎え、同時に「新年度」のスタートとなります。 わたしは今のところ「サラリーマンが本業」ですが、わたしが勤める会社も株式市場と同じく4月が新年度。 […]

 

 

 

負けていた理由「3つの悪癖」

 

 

資金がどんどん目減りしていく中、10万を切ってしまった時点でさすがの私も真剣に今後のことを考えました。

 

負けてしまっていた過去の反省(遅すぎ・・・)やこれから挽回するにはどうするか・・・などなど。

そして拙い私なりに行き着いたというか、気づいた事がありました。

 

大きく「3つの悪癖」が浮かびました。

  1. 何とかなると思い適当な売買
  2. 大きく下がると損切りしない
  3. 欲を張りすぎる

 

 

それでは一つ一つ振り返ります。

 

 

 

①何とかなると思い適当な売買

これはどういう事かというと「銘柄」や「単なるノリ」でエントリーしてしまう癖があったのです。

例えば「銘柄」でいうとここ最近すごい出来高で値動きも激しい銘柄があったりすると、執着してその銘柄に拘ってしまう。そして最初は甘い果実を得られてその心地よさが忘れられずに「夢よもう一度」という幻想に囚われていたというものです。

また「単なるノリ」という面では寄付きの勢いがすごい銘柄を見つけると「乗り遅れまい」として軽率にエントリーしてしまい、俗にいう「ジャンピングキャッチ」を繰り返すこともありました。

よく見極めもせず、以上の様な非常に浅はかで軽率なトレードをしていたのでは勝てませんよね。

 

勢いだけで飛び付かないこと!

 

②大きく下がると損切りしない

これは大変大きな問題です。

ある程度の損失が出てしまうと

 

 

損を取り戻したい
そんなハズはない!
待てばきっと上がる!

 

・・・というような勝手な妄想、何の根拠もないだたの期待で「ホールドして待つ」という最悪の選択をしていたのも確かです。

 

 

その結果この様な悪循環に。

 ↓    ↓    ↓    ↓

 

期待に反し下げて含み損
   ↓
待てば上がると思って保持
   ↓
上がらす逆に下げ続ける
   ↓
大引けに売らず「持ち越す」
   ↓
次の日も値が下がり続ける
   ↓
損が拡大ますます売れなくなる
   ↓
数日が過ぎもう耐えられず
   ↓
目が覚めてやっと損切り
   ↓
結果、当時より大損に

 

パチンコで言えば「ここまでこの台に突っ込んだんだから、もう離れられない」という感覚でしょうか。

 

わたしが諦めてこの台を離れて、後から知らない誰かがその台に座った途端に「待ってました!」とばかりにフィーバーしだす・・・

そんな妄想やしみったれた未練がましさが正常な損切り、負けを認めるという冷静な感情を押さえ込んでしまうのです。

これでは勝てませんよね。

 

素直に負けを認めること。
時間が経てば経つほど悪化する事を知ろう。

 



 

 

③欲を張りすぎる    

これもよくあります。

せっかく自分の想定したラインまで上げてくれたのに、そこらで手仕舞いせずに

 

いや、この勢いは・・・
もっと上がるぞ!
これをみすみす逃すかっ!

 

そして定番の下げ始めても「そこで良し」とせずに最初の大きく上げたラインを基準にしてしまって、結果なが〜く持ち続けてもう一度そのラインに復活するまで「待ち続ける」というご都合のいい妄想に囚われてしまっている事が多かったです。

 

その結末は・・・ついさっきまで「+15円」の上げだったのが、欲を張ったばかりに値が戻らずに逆に元値を割った「▲30円」になってしまった・・・・なんて事も日常茶飯事でした。

 

これでは勝てませんよね。

 

人間の欲は際限がない。
足るを知ろう。

 

 

 

関連記事:初心者でも【超カンタン!】マネックス証券からアメリカ株を買ってみよう!

「アメリカ株」を買ってみよう!         ①「口座資金移動」手順がわかる ②「外貨振替」手順がわかる この記事では全世界からの資金が集まる「アメリカ[…]

 

 

 

 

負けていた行動をやめれば勝てる

 

 

そもそも勝つにはまずは「負けない」ことが重要です。

 

ではどのようにすれば良いのか?を考えてみました。

 

 

 

「勝てない」ということは
「負けている」ということ

「負けている」ということは
「負ける行動」をしている

 

・・・ということは

 

 

そうか。
負けている行動をやめればいいんだ!

 

 

単純に考えるとそもそも「負けている行動」そのものをやめちまえば「勝てないまでも負けを減らせる」ことに繋がるのでは?

 

この様な発想です。

 

では「負けている行動」とはどのようなものかというと、前述した「3つの悪癖」はもちろんですがもっと根本的なこと。

 

 

自分で決めたルールを何ひとつ「守れていなかった」

 

この結論に行きつきました。

 

 

世の中はシンプルです。

 

約束を守れなければ信用されないですし「悪いこと」だとわかっていながらそれを行なってしまうとそれなりの「罰」を受けたり「裏切られる」ことは避けられませんよね。

 

 

よくトレードは、とくに短期間でいくつものトレードを行う「デイトレード」においては技術的な要素よりも「精神的」ならびに「メンタル面」のほうが大きく成果に影響するという風に言われていますよね。

 

実践してみてその意味がよ〜くわかる様になりました。

 

そして誰の言葉かは忘れてしまいましたが最近わたしが最も大切にしている言葉をご紹介します。

 

市場から退場を迫られるのは、いつも勝つ方法を知っていながら「ルールを守れない」投資家。

決まりを守れない人は、いつまで経っても絶対に勝てない。

 

 

そしてこの言葉をわたしの「トレード記録」に常に表示してトレードするようになってからはどんどん勝率が上がっていったのでした。

 

 

 

関連記事:知らなきゃ損する!絶対に知っておくべき【NISA】証券口座を開設する前に確認すべき3つのこと

損しない為にNISAを知るのは必須!     ✏️この記事でわかること NISAについて[3つのこと]がわかる 手遅れにならなくて済む ムダな税金を払わ[…]

 

 

 

勝つための「5箇条」を守る

 

 

わたしは「やってはいけないこと、守ること」として改めて「5つのルール」を設けなおしました。

 

そのルールとは?

 

以下のとおりです。

 

 

「5つのルール」

  1. 持ち越しはしない!
  2. 欲を張り過ぎない!
  3. 単なる「ノリ」で乗らない!
  4. 長く持ち続けない!
  5. ルールを守る!

 

 

①はわたしの最も守れなかったルールのひとつ。

損切りのタイミングがどうしても遅くなってしまうならば、せめて「持ち越しだけはしない!」というルールを守らないと大火傷をすることになる。

これは嫌というほど思い知らされました。

 

 

②の「欲を張り過ぎない」というのも言わずもがなですね。

「足るを知る」ことが第一。

 

 

③は「単なるノリ」でエントリーしないこと。根拠もないのにポジション取りたがりは御法度です!

 

 

④の「長く持ち続けない」に関してはエントリー後に上下して下落してジリジリと動きがほとんど無くそのままだったとします。

そんな時はついつい待つことを選択してしまいますが、結局は「時間の無駄」で損切りで終わることの方が多いですよね。

「早く逃げる」ことが肝心です。

 

 

⑤の「ルールを守る」は基本。

これが徹底出来ないともう「負のスパイラル」に巻き込まれて終いには「退場」をせざるを得なくなるでしょう。

 

初心者でも勝つための行動「まとめ」

 

それでは「まとめ」です。

 

①持ち越しをしない
②欲を張り過ぎない
③「ノリ」だけのトレード禁止
④長時間のホールド禁止
⑤決めたルールを守る

 

デイトレードに取り組むうえで私の失敗や気づきが他の誰かの成功に少しでも役に立てばこれほど嬉しいことはありません。

ぜひ参考にしていただき、楽しくトレードをしていきましょう!

 

 

関連記事:基軸通貨の「米ドル」が「英ポンド」より強くなったのはなぜ?

アメリカ「ドル$」は世界の通貨     2022年の1月も本日限り。 2月4日からは「北京冬季オリンピック」の開会式を控えているというのにウクライナではロシア兵が侵攻準備を進めていますね。 […]

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
ServiceVersion=20070822&Operation=GetScript&ID=OneJS&WS=1&MarketPlace=JP">