【初心者必見】やってはいけない株デイトレード「持ち越し」の末路

持ち越しは初心者だけにあらず

 

今回の記事は「持ち越し」の怖さについてです。

 

どうしても皆さんに同じ思いをして欲しくないので私の「失敗談」を基に参考・お役立てくだされば嬉しいです。

 

株をはじめたキッカケは様々あれど少なくとも「デイトレード」を目指した方はどうしても避けて通れない「持ち越し」

 

これは「株初心者」だけではなく経験を積んだベテランにおいても共通した問題といえます。

 

ではどのような「問題点」や「危険性」が潜んでいるのでしょうか?

 

・「持ち越し」はなぜ危険なのか
・「持ち越し」のデメリット
・「持ち越し」の失敗談
・「持ち越し」に陥る精神状態
・「持ち越し」を防ぐには

 

 

株取引するうえで「デイトレード」というその日中の決済をする手法で勝負している人も多いと思いますがその取引での大敵・タブーが「持ち越し」です。

 

「持ち越し」とはその日のうちに株を購入して売ることをせずに「そのままにする」いわゆる「先送りする」ことを指します。

 

これが「デイトレード」ではなく通常の株取得であれば、もともと中長期の株価高騰を夢見て将来に賭けて「保有」するわけですから問題ありませんよね。

 

 

じゃあ持ち越しの何が悪いの?

 

 

これはデイトレードに限って言えることで、前述のとおり将来の株価高騰を目的とした通常の株主や数日・数週間の値動きで勝負する「スイングトレード」には当てはまりません。

 

そもそもが「デイトレード」という言葉のとおり「その日のうちの売買」が大原則。

 

わずか数分の範囲での値動きに対して「買い・売り」や「売り・買い」の勝負を仕掛けるデイトレードにおいてはそもそも翌日までその株を持っておく、いわゆる「ポジション」をキープしておく必要はありませんよね。

 

本来であれば・・ですが。

 

 

「持ち越し」関連記事:グローバル・ウェイとの別れ。スッパリ切って前に進もう!

ついに決別グローバル・ウェイ     本日は12/29(水) ほとんどの勤め人は今日から年末年始のお休みと思います。 ご多分に漏れず、私もそのひとり。   いつものサラリ[…]

 

 

持ち越しは危険!

 

そもそも「持ち越し」の危険性とは何でしょうか?

危険というからには「デメリット・良くないこと」であることは間違いありません。

 

その良くないことである「持ち越し」はなぜ発生・・・というか自分でその選択をしてしまうのか?

 

それはズバリこのような時です。

 

自分の思ったとおりに値が上がらず大きく下がってしまった・・・
ここで売ったら損する

 

 

まぁ・・・
どうせまた値を戻すだろ。
それまで待とう。

 

 

こうして値が下がってしまって損切りせず、「負けを認めない」気持ちが勝って「持ち越し」は生まれてしまうのです。

 

わたしの経験上「IPO銘柄」やその日にたまたま「決算の修正」などのサプライズ発表がない限りはそんなに簡単には値は戻りません。

 

自分の思ったとおりに株価が上がらず値が徐々に下がっていく。そのうち持ち直す、もうちょっと待てばと思っているうちに下げ幅は広がっていく・・・

 

これこそが「持ち越し」の落とし穴にハマる精神状態なのです。

 

 

 

わたしの失敗談

 

 

かくいう私も散々に、この「持ち越し」という負のスパイラルから抜け出せなくて苦しんだ・・・というか、正直に白状すると今も苦しんでいるのです(汗)

 

 

わかっているのに繰り返してしまう。

 

本来なら偉そうにこのような記事を書ける立場にないと思いますが、その苦しみを皆さんに味わって欲しくないので「当事者として」あえて失敗談をさらけ出しています。

 

わたしは以前の記事にもありましたが8月5日から現在も本業であるサラリーマンを営みながらデイトレーダーとしてデビューしました。

 

 

参考記事:初心者「ぷち」デイトレーダー始めました

8月5日はデビュー記念日     今月からデイトレードデビューを果たしました! 一言でデイトレーダーといっても様々ですが「F X」ではなく、ズバリ「株」の世界でデイトレーダーの仲間入りを果たすことにし[…]

 

 

もちろんそれなりにルールを決めて取り組んでいたのですが、そのうちそのルールに徹することが出来なくなります。

 

それはこのような精神状態になることが原因です。

 

負けを認めたくない!
 値が戻りさえすれば負けじゃなくなるじゃないか!

 

最初は手っ取り早く、好決算を狙い撃ちしての「先回り・待ち伏せ作戦」という非常に安易な手法を取っていました。

 

「決算またぎ」です。

 

これは前回の記事にも載せた通り、ハマれば合理的なのですが「とてつもなく危険」で高リスクな手法です。

 

関連記事:【決算またぎ】は危ない!大事故もある!

好決算だから株は上がる?       今回の記事は株トレードを始めた人がよくやりがちで失敗する「決算またぎ」についてです。   初心者向けですね。 &nb[…]

 

 

この手法でも次の日に「大幅に値を下げる」こととなった場合、このまま損切りするのがどーーーーしても許せなくてそのまま持ち越し・・・なんてケースがいくつもあったのです。

 

それらの銘柄と損失額はこのようにサラリーマンの切ないお小遣いを投資している身にはあまりにも痛いものでした。

 

持ち越しで損害を被った銘柄

 

前述のとおり2021年8月5日からデイトレードを始めた私ですが、それから現在まで数々の「持ち越し」を犯してしまいました。

 

全てでは無いですが「下手に持ち越しするとこんな事になる」という一例を恥を忍んで公開します。

 

 

過去の持ち越し銘柄

プロルート丸光 
買い値 621円 (200株)
損切り 298円
-323円     -64,600円
(持ち越し期間)
8/16~10/8迄
ウチダエスコ
買い値 3,185円 (100株)
損切り 2,685円 
-500円     -50,000円
(持ち越し期間)
8/31~9/13迄

スノーピーク
買い値 5,400円 (100株)
損切り 4,830円 
-570円     -57,000円
(持ち越し期間)
9/28~10/8迄
アイドマHD
買い値 6,780円 (100株)
損切り 5,910円
-870円     -87,000円
(持ち越し期間)
9/16~9/28迄
BASE
買い値 1,017円 (600株)
損切り    823円 
-194円     -116,400円
(持ち越し期間)
10/26~11/11迄
シキノハイテック
買い値 3,080円 (100株)
損切り 2,804円 
-276円     -27,600円
(持ち越し期間)
10/20~11/11迄
グローバルウェイ
買い値 816円 (200株)
損切り 300円
-516円     -103,200円
(持ち越し期間)
12/1~12/29迄
持ち越し損合計
損失額:-505,800円

 

 

 

怖っ!
こわすぎる!

 

しかもこれが全部じゃないよ

 

もはや
涙も出ないね・・・

 

 

 

待てば上がるという幻想

 

 

以上のように私は数々の「持ち越し銘柄」で大損をしてきました。

 

その原因は「すぐに損切りしなかった」からに他ありません。

 

値が下がり始めて「自分が間違っていた」と思ったとき、そして自分で決めた「損切りライン」に達したら損切るとルールを決めたにも関わらず

 

もうちょっと待てば上がるかも

 

このように「待てば上がる」という、なんの根拠もない期待にすがって自分の失敗を「先送り」してしまっていたのです。

 

 

まさに幻想です。

 

 

そこにはテクニカル的なものや指標となるものなどなく、ただ単に自分勝手な願望、お祈りでしかありません。

 

 

もっと早く損切り出来ていたら私の「損失」も随分と軽減されていて、尚且つその期間に潰してしまった時間と資金効率にも良い影響が残されていたことでしょう。

 

 

ルールを守らないと負ける

 

ルールを破りまくっている私がいうのも何ですが、ルールを守れない人は勝てません。

 

物事を始めるからには「ルール」を決めて取り組まなければなりません。
何でもアリではなく、規律の中でのトレードが必須です。

 

そしてしっかりと目標を立てて行動し、必ず結果を振り返ることが大切です。

 

 

ただ漠然と手をつけて「何となく」やっていたのでは再現性がありませんし、仮に上手くいったとしても「単なるまぐれ」に過ぎないからです。

 

 

何が悪かった?
なぜ上手くいった?

 

 

これはデイトレードをしている全ての人が必ず言うことですが、次に繋げるられるようにその日のうちにその日のトレードを「振り返る」という習慣をつけることが大切です。

 

これは私への戒めでもあります。

以下のまとめに挙げた通りに「シンプル」に、自分が決めたルールに実直に従い行動する「メンタル」を持ち、正しくトレードしていきましょう!

 

 

・待っても値は上がらない
・負けを認めよう
・さっさと「損切り」する!
・時間と資金のロスを無くす
・結果を必ず振り返る

・決めたルールは絶対守ろう

 

 

 

関連記事:9月から信用取引を開始!

はじめての信用取引       今月から「信用取引」にチャレンジすることにしました!     チャレンジ?現物と同じく ただ買うだ[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!
ServiceVersion=20070822&Operation=GetScript&ID=OneJS&WS=1&MarketPlace=JP">