(実話)コロナより海賊王よりタチ悪い【キャプテン・フィリップス】おすすめの映画

  • 2020年4月19日
  • 2021年2月14日
  • 映画
  • 256View
  • 0件

映画キャプテン・フィリップス

 

「実話をもとにした映画」

 

今回ご紹介する映画はよくありがちで
かつ、ちょっと怖いストーリーです。

 

ソマリア沖の海賊から襲撃され、船長を
人質にとり米軍を巻き込むという
「実話にもとづく」映画

「キャプテン・フィリップス」

をご紹介いたします。

 


画像引用:movies yahoo.co.jp

 

主演は「トム・ハンクス」です。

 

ご存知のとおり、トム・ハンクスは
夫婦そろってコロナウイルスに感染して
しまいましたが、元気に回復した姿を
見せてくれて安心しましたね。

 

トム・ハンクス自身は回復後に

「高熱も味覚障害も全くなかった」

と語っていますので、私たちも感染に
気がつかない場合が多いと思いますので
とにかく外出は出来る限り控えましょう。

 

この映画は2013年11月の公開ですが、
2009年に実際におこったソマリアの
海賊によるシージャック事件

「マースク・アラバマ号」乗っ取り事件
を題材にしています。

 

この事件でソマリア海賊の人質になったのはリチャード・フィリップス船長。

 

コンテナ船や原料を積み込んだタンカーなど、すべての乗組員が家族と離れ離れになり、長い航海のなかで狭い船の中で業務に就くワケです。

 

こんなストレスが溜まる状態での海賊襲撃なんてたまったもんじゃありません。

 

もはや全ての船乗りたちのバイブル。

船の中で「必ず観る映画」です。

 

では「映画」のあらすじです。

 

映画のあらすじ

 


画像引用:Tsutaya.tsite.jp

 

 

2009年4月 ソマリア沖
コンテナ船「マースク・アラバマ号」

船長のフィリップスはケニアに
援助物資を運ぶ任務のため
インド洋を航海中に海賊に襲われる。

2隻の海賊船に放水を浴びせるが
とうとう「はしご」を掛けられて
たった4人の海賊たちに船を占拠
されてしまう。

 

フィリップスは海賊がブリッヂに
到達する前に、ほかの乗組員たちを
機関室に避難させて身の安全を図る。

 

航海長とともに海賊に対応しようとするが
海賊はほかの乗組員をひき出すよう迫る。

フィリップスは海賊のリーダーを伴い、
乗組員のもとに連れて行くと見せかけ
無線を巧みに扱い乗組員へ海賊が行く
場所を知らせて安全を確保させる。

 

そして乗組員も黙って隠れてはいない。

 

連携して海賊リーダーを捕らえて逆に
人質をとる。

 

お互いのリーダーを人質にとられて
交渉をすすめるが、海賊は裏切って
フィリップスだけが捕われのままで
救命ボートで連れ去られてしまう。

 


動画引用:YouTube シネマトゥディ

 

海賊たちの計画ではフィリップスを村に
連れ戻って身代金を要求しようとするが、
SOS通報を受けたアメリカの駆逐艦
「ベインブリッジ」に発見される。

駆逐艦からの交渉にも応じない海賊に
対して、アメリカ側は海兵隊エリートの
「シールズ」に密かに救出作戦を委ねる。

 

アメリカ側は「村の長老たちを招いて
身代金交渉を行う」と持ちかけて駆逐艦
へ誘導する。

 

救命ボートでフィリップスを拘束するして
身代金を要求する海賊と、駆逐艦から海賊
たちと交渉をすすめる緊迫した結末は・・・

 

 



 

 

映画制作の背景

 


画像引用:映画.com

 

この映画のすごいところは、内容意外にも
いくつかあります。

 

  • 本物の元シールズを参加させた
  • 実際の救命ボートとそっくりに造った
  • 実際の海軍衛生兵を参加させた
  • 実際の駆逐艦乗組員を参加させた
  • 海賊役は4人とも知り合いだった
  • 襲撃シーンで初対面した

 

まず監督のポール・グリーングラスは
リアリティを徹底しました。

 

「シールズの射撃は本物でなければ」
との思いから民間人の元シールズ隊員を
「10人」も確保・採用するのです。

 

そして映画中に出てくるオレンジ色の
救命ボートにもこだわりました。

 


画像引用:ctvnews.ca

 

事件で実際に船長が拘束・拉致された
救命ボートをわざわざ見に行くのです。

 

博物館に展示されていたそのボートは
弾丸の痕跡などが生々しく残っていて
それを正確に再現・作成したのです。

 


画像引用:Tripadvisor.com

 

実際の衛生兵、駆逐艦乗組員

 

ラストシーンで救出されたフィリップスを
手当てする看護師長役の方も本物です。

 

実際の「海軍衛生兵」であり、監督は
「訓練のつもりでやってほしい」
というアドバイスのみ。

見事にリアリティを出します。

 

また、海賊役の4人は世界中から
700人の候補者を募り決定した。

なんと選ばれた4人がともに知り合い
だったとは偶然にしろ驚きます。

 


画像引用:YouTube

 

そして徹底したリアリティを求めた監督は
まだまだこだわります。

コンテナ船の乗組員と海賊の襲撃シーン、
何と双方の俳優達はこのシーンで初対面
したのです!!

 

リアルな緊張感を出すために各俳優は
顔合わせをしないで撮影に挑む徹底ぶり。

 

キャプテン・フィリップスまとめ

 

この映画はリーダーとしての
心構えをいくつか教えてくれます。

 

  • 平時からの準備・訓練
  • リスクの分散
  • コミュニケーション手段

 

映画のなかでも平時の海賊に対する
備えを怠っていなかったことが
わかります。

 

そのため「有事」の際にも訓練どおり
適切な行動ができたのです。

 

ただ、武器を持った相手に対して
出来ることも限られる訳ですから
「リスクの分散」が次のフェーズ
となります。

 

被害を最小限に押さえて乗組員の
安全を守ることにコミット。

 

そのためには3つの絶対条件が
必要でした。

 

  1.  離れた仲間との連絡
  2. 情報の共有
  3. 意思疎通

 

これを達成させるには平時からの
コミュニケーションがしっかり
取れているか?

信頼関係が築けているか?

 

日々のまわりの人への接し方で
「有事」のときの行動に大きな
差が出てしまいます。

 

リーダーシップ以外にもさまざまな
ことを学べるこの映画、

 

「キャプテン・フィリップス」

働くあなたに、家庭をまもるあなた、
そのほか単に時間つぶしでも良いので
ぜひとも見てほしい一本です。

 


 

最新情報をチェックしよう!
ServiceVersion=20070822&Operation=GetScript&ID=OneJS&WS=1&MarketPlace=JP">